「お恥ずかしながら、料理はほとんど出来ません。」でも大丈夫!

 

こんばんは!

管理栄養士GOHAN-MAYUです。

 

 

「お恥ずかしながら、料理はほとんど出来ません」

とご相談頂くこと、たくさんありますが、

 

 

 

ぜんぜん恥ずかしくないですよ!」

 

と、わたしは思います。

 

 

 

わたしが「ぜんぜん恥ずかしくない!」と思うのには3つの理由があります。

 

 

 

1つめは「わたしも出来なかった」から

 

料理の仕事をしていると、

「子供の頃から作ってたのですか?」

「お母さんが料理上手なのですか?」

とよく聞かれますが、

 

 

わたしの場合どちらもNO!

(あ、お母さんごめん・・・)

 

 

正直、社会人になって1人暮らしをするまで

家でごはん作りのお手伝いをしたり、

自分がごはんを作ることはほとんどありませんでした。

(たまーにお菓子を作ることはあったかな)

 

 

「管理栄養士なんだから、大学で勉強したでしょ?」

 

と言われることが多いですが、調理の授業はさほど多くありません。

 

 

料理以外にも学ぶことは多岐に渡っていて、

むしろ、机上の勉強や試験管を使った実験などの方がずっと多いのです。

 

 

ですから、わたしのように新卒であまり料理が得意では無いという

管理栄養士は意外と多いです。

 

 

管理栄養士として社会人になり献立を作る立場になった時、

「お恥ずかしながら、料理はほとんどできません」

だった訳です。

(わたしの場合は本当に「恥ずかしい」思いを結構しました・・・笑)

 

 

わたしが料理を本気で勉強し始めたのはそれからです。

 

 

 

 

2つめは「料理をしなくても生活できる環境が整っている」から

 

わたしも実家暮らしの時は全く料理をしませんでした。

お家に帰れば何かしら食べられるものがあったし、

学生食堂で安くごはんを食べることも出来た。

 

今、外食できるお店もたくさんあるし、スーパーやデパ地下で

美味しいお惣菜もたくさん買えます。

24時間食べ物が買えるコンビニだってある。

 

加えて、女性も社会に出て忙しく毎日を過ごしている。

 

料理をする人がエラくて、しない人が悪いという訳ではないのだから、

「恥ずかしい」なんて思う必要は無いです。

 

でも、「恥ずかしい」と思うということは、

「料理をするようになりたい!」と思っているという事ですよね!

 

 

 

3つめは、「料理は誰でもできる!から」

 

よく、ネット上の質問スペースで

「もうすぐ結婚するのですが、料理が全然できません!

料理教室に通った方が良いでしょうか!?」

なんて質問を見かけるコトがありますが、

 

 

大抵、先輩主婦からは・・・

「毎日やってればできるようになる。

レシピ見をながら作りましょう!」

 

というような返信がついています。

 

 

結婚前に料理に意欲を燃やしている女性にはちょっと冷たいお返事な気もしますが(笑)、先輩主婦の皆さんが言っていることは事実です。

 

 

毎日やっていれば出来るようになります。

(勿論、プロの料理人のようなお料理を作るには専門的な勉強と訓練が必要ですが)

 

 

だから、「この30年、サボってきました、恥ずかし〜!」

なんて思わなくでぜんぜんオッケー。

これから始めたって十分、

お料理上手のステキな女性になれますよ^^

 

 

とは言え、先輩主婦たちの言うように、

「毎日やる」のハードルは意外と高いのでは無いかなと思います。

 

 

お料理の上達には「楽しく料理をする」ことが大事だと思います。

今後はこの辺りのことについてもご紹介していきますね!

 

 

また、「毎日やってれば・・・なんて言っていられない!」

「出来るだけ早く上達したい!!」

とやる気まんまんな方向けの料理教室も企画中です!

(お急ぎの方は是非メッセージください^^)

 

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

明日も美味しく楽しい1日でありますように!

 

 

 

 

 

 

LINE@をはじめてみました〜

ブログの更新のお知らせや毎日のごはん作りのヒントになるようなことを発信したいと思っています!メッセージも是非お待ちしております!!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です