お米作り(草取り)を体験させて頂きました!

 

こんばんは!

管理栄養士、GOHAN-MAYUです。

 

 

先日、お米農家の山崎さんの田んぼに、またまたお邪魔してきました。

 

今回は草取りの作業を!

 

 

前回、5月に田植えの体験に行かせて頂いてから2ヶ月、

『苗』はこんなに立派な『稲』になっていました!

5月に植えていった、たった3本位の小さな苗は、

根元から新しい茎を出して、稲の本数を増やしていくそうです。

これを「分けつ」というそうですが、

この「分けつ」という成長過程を何度も繰り返して、立派な1株に。

 

 

ここまで立派に成長するには、

田んぼからたくさん栄養をもらわなければなりません。

 

 

化学肥料や農薬を使わないからこそ、

時には糠を撒いて、微生物に発酵させることで田んぼを肥やしたり、

ひとつひとつ、手作業で余計な草を抜いたり・・・。

 

 

毎日、手間暇・愛情かけて育てられた稲は青々と美しかったです。

 

 

 

日差しの強い日でしたが、

田んぼに足を入れると、ちょっとひんやり。

 

 

立派な稲の間に生えてしまった草を手作業で取って行きます。

「よし!いっぱい取るぞ!!」

と意気込んだのも束の間、

「たくさん取ったー!」と思って振り返っても、

あれ、スタートして2Mも進んでない。

顔を上げると青々と広がる田んぼ・・・汗。。

 

 

これから稲は『穂』を出して、花を咲かせるそうです。

(お米の花って見た事ない!!)

そして受粉し、籾の中にでんぷんを蓄えていくそう。

 

この間も、稲が豊かに熟していくように、

草取りは続きます。

 

 

 

1日だけの体験は、次々と目に入る草をどんどん抜いて、

日頃かかない汗をたくさんかき、

とても楽しくあっという間の時間でしたが、

 

 

毎日、強い日差しの中

この広い田んぼの草を

ひとつひとつ抜いていくのは

大変な作業。

 

 

それでも、美味しくて健やかなお米をと、

手をかけて作られている事を

今回も身をもって経験させて頂きました。

 

山崎さん特製のすももシロップに癒されました〜

 

 

 

田んぼでバランスを崩して、立派に育った稲を踏んでしまいました。

山崎さんは

「稲は強いから大丈夫ですよ!

ごめんね!って声かけといてください^^」

とおっしゃられたのがとっても心に残りました。

 

 

「頑張って美味しく育ってね!」

と毎日声をかけられながら育てられているお米たち。

化学肥料や農薬を使わないかわりに、

山崎さん一家の愛情をたっぷり注がれて、

健やかに美味しく育たない訳が無い!と思ったのでした。

 

 

 

山崎さん、ご一緒させて頂いた皆さん、ありがとうございました!

とても楽しい1日でした!!

また伺わせてくださいーーーー!

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

明日も美味しく楽しい1日でありますように!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です