お仕事

レシピ紹介&コラム執筆をさせていただきました!〈安いステーキ肉も美味しく!〉

 

【トクバイニュース】さんのサイトで

前回のとうもろこしの記事に引き続き、

 

「絶対に失敗しないステーキの焼き方!激安肉も高級牛肉並みにジューシー柔らか」という記事を書かせて頂きました。

 

 

今回はスーパーのお安いステーキ肉を、

美味しく焼くコツをご紹介しました。

もちろん、安い肉に限らず高級和牛にも使える

「火入れ」のポイントをご紹介していますので、

「ステーキ焼くならは和牛でしょっ」な方にも参考になるかと…(笑)

 

 

毎回、出来上がりや工程写真も自分で撮っているのですが、

今回はイラストまで載せて頂いちゃいました◎

是非、のぞいて頂けたら嬉しいです〜

 

 

以下、今回の記事で書ききれなかったちょっぴりウラ話。

ご興味のある方はこちらも是非↓↓↓

 

 

 

 

 

さて、今回の記事を書くにあたり、

「美味しいステーキとは何ぞや・・・」と考えました。

 

我が家はオットがとーってもお肉好きなので、

結構ステーキを焼いたりするのですが、

オットが選ぶ肉は

「和牛!」

「サーロイン!」

 

そう、霜降りの、口の中でとろける肉が好み。

 

それもとーっても美味しいのですが、

私にはちょっと脂が多く、1切れ2切れで満足。

 

「ヒレ」「ランプ」のような脂は少なめで赤身の強い肉の、

肉肉しい旨味を楽しむ方が好きです。

(でもオットはこっちの肉も美味いと食べる。とにかく肉好き。笑)

 

 

外国産のステーキ肉は和牛に比べ安価で、

霜降りではなく赤身の強いものがほとんどです。

 

「外国産のステーキ肉に和牛の牛脂を刷り込んで

和牛の美味しさを再現!」

なんていう工夫をされているレシピもあるのですが(ナルホド!)、

今回は、和牛の美味しさに近づけようとするのではなく、

この赤身の肉を美味しく頂く方法を検討しました。

 

今回使った肉はアメリカ産の肩ロース!

 

 

そして、赤身のお肉だって霜降りのお肉だって、

パサパサしていたり、

噛みきれない程に焼いてしまったら美味しくない。

 

「やわらかい」ステーキにするためによく紹介される、

下処理の段階で

【玉ねぎのすりおろしを揉み込む】

【コーラに漬け込む】

【赤ワインに漬け込む】

【肉を柔らかくする市販の素を使う】

・・・などの工夫も検討してみました。

 

確かにやわらかくはなるのですが、

どれもタンパク質(肉の繊維質の部分)を分解する事で

やわらかくしようとするので、

肉肉しい美味しさがちょっと減ってしまうように感じられました。

 

ただこれらの方法、ものによっては、

焼く段階でお肉がホロリと崩れてしまうほど柔らかくなるので、

歯の弱いお年寄りや小さな子どものいるご家庭には良さそう!

(実際、高齢者施設での食事作りをしていた時はこう言った工夫をしていました)

 

 

 

色々な検討を経て、今回は

外国産の赤身肉の美味しさを生かしたステーキの焼き方

を紹介しました。

一番のポイントは【火入れ】

 

 

是非ぜひ、参考にして頂けたら嬉しいです。

たまには家族でお腹いっぱいステーキ肉をガッツリと!

と、その時にはそれ以上にお野菜もたっぷり食べることも

忘れないでくださいねっ!!

(消化を助けたり、コレステロールの吸収を抑制したり、

腸内環境を整えたりに役立ちます)

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

明日もおうちごはんが美味しく楽しいものでありますように!

 

 

 

【トクバイニュース】は「楽しい買物を世の中に増やしていく」ためのニュースサイトで、料理・生活に関する買い物まわりの記事がたくさん!新商品のレポートや、お掃除術、節約術、おススメレシピなどなど・・・毎日の生活のお役立ち情報が満載なので、是非いろいろ見てみてください〜